FC2ブログ

Entries

アニメ感想 ダンボール戦機 第26話「閃光のLBX パンドラ」




今回はアミが大活躍。


パンドラの助けによって敵の包囲網を突破した一行はタイニーオービット社に辿り着く。そこでアミはパンドラの持ち主がタイニーオービット社長宇崎悠介だということを見破る。

アミの、一見無関係と思われる事柄をつなぎ合わせる発想力と、そこから筋道立てて考え、答えを導き出す推理力。頼もしいですね。アミにはこれからもチームの頭脳としてその知恵を存分に振るってほしいものです。


タイニーオービット社にイノベーターのインビットが侵入。クノイチとハンターが迎撃に向かうが、クノイチは倒され、ハンターも窮地に。絶体絶命の危機に、アミは悠介からパンドラを託された。

新しい機体を初めて操るシーンというのはワクワクするものです。実に熱い。


次回、アミとパンドラの初陣。アミ無双はまだまだ続く!

関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shotaloli.blog.fc2.com/tb.php/10-c89d5716

トラックバック

[T4] ◎ダンボール戦機第26話「閃光のLBXパンドラ」

ウザキの車がトレーラーに囲まれる。そして、LBXが攻撃してくる。車のコントロールが奪われる。そして、LBXパンドラが救出に来る。敵を倒していく。車の窓があき、クノイチとハンター...

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

About Me

Author:KIRI

I'm a Japanese who learn about English and economy.

SNS

カテゴリ

ef (1)
GJ部 (2)

クリック募金

↓日替わり無料ソフト↓

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる