FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shotaloli.blog.fc2.com/tb.php/73-4aadf81b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

アニメ感想 ベン・トー 第12話「国産うなぎ弁当 790kcal」




いただきます!!!!!! (-人-)


石田彰さん演じる“ヘラクレスの棍棒”が、オルトロスをスーパーから駆逐すべく暗躍。
半額弁当争奪戦のルールを上手く利用した方法で、オルトロスを精神的に追いつめていく……。

前話ラストで声を聞いた時は、「また石田かYO! もう聞き飽きてるんだZE★」と思ったものです。
ですが、違和感なく馴染む石田さんの声と演技に、いつも通り惹き込まれてしまいました。

ネチネチと口撃する石田、計画が壊されて激昂する石田、そして、佐藤たちやオルトロスの攻撃を喰らってぶっ飛ぶ石田。
十二分にシーンを盛り上げてくれますね~。
石田さんのいろんな演技を堪能できて満足です。(・ω´・)b<グッジョブダゼ


しかし、肝心の佐藤たちとオルトロスのバトルシーンは全カットかYO!
うーん、これはちょっと残念かも。見たかったー。
でも、佐藤を始めとした狼たちのアッツーイ台詞や石田KOで、視聴しているこちらのテンションは十分すぎるほど上がっているので、その上で更に、佐藤、著莪、二階堂、茶髪、坊主、顎髭、オルトロスという、主要キャラ全員でのバトルロイヤルが描かれたりしたら、こちらのテンションはMAXを軽く超えてしまうでしょう。
それはさすがにイロイロとアブナイかもです。^^;


さて、こうして全12話見終わったわけですが、それにしても、見ていて本当にお腹が空いてくるアニメでした。
私の場合、夕餉の時間や夜食の時間に近い時間帯に見ることが多かったです。それはつまり、ちょうどお腹が空き始めている頃ということ。
『ベン・トー』のダイナミックなバトルシーンを見た後に、登場人物たちのリラックスした食事シーンを見ると、私の腹の虫が一気に鳴き始めます。(笑)
原作を読んだ時にいつも味わったこの感覚を、アニメ版でも頻繁に味わうことになろうとは。(笑)

原作と比べると、金城くんの出番が大きく減っていたり、原作ではまだまだ後に登場するダンドー先生が早くも登場したり、毛玉やジョニーといったこれまた個性的な狼たちが出てこなったり、親父や石岡くんの過去エピソードが挿入されなかったり、女性キャラ押しが目立ったりと、改変が多かったアニメ版『ベン・トー』。(というか、原作は盛り込まれているネタがあまりにも豊富。豊富すぎる)
不満な点もなくはないのですが、まぁ、視聴者の腹の虫を鳴かせられたら、一応成功と言って良いのではないでしょうか。
「終わり良ければ全て良し」ならぬ、「腹が鳴れば全て良し」。
最後に妙な結論が出てしまった。(笑)


いろいろあった2011年でしたが、年の瀬に良質の娯楽作品を堪能できたのは幸運でした。
では最後は、お馴染みの、この言葉で締めさせていただきましょう。


この作品の制作に携わった全ての人と、

作品を応援し、盛り上げてくれた全ての人に、

敬意と感謝を込めて、

ごちそうさまでした!!!!!! (^∀^)




関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shotaloli.blog.fc2.com/tb.php/73-4aadf81b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Author:KIRI

常にマイペースの隠士です。

Twitter

カテゴリ

ef (1)
GJ部 (2)

クリック募金

↓日替わり無料ソフト↓

PR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。